Jリーグ×キャプテン翼

キャプテン翼の必殺シュートをJリーガーが再現!ドリームシュート 2014



ドリームシュート #1 カミソリシュート

カミソリシュート

東一中、『エース殺し』の異名を持つ早田 誠の必殺シュート。FC東京の協力で太田宏介選手が早田君の『カミソリシュート(逆カミソリ)』に挑戦!

太田選手はJでも屈指の左足の持ち主で、主に左SBとして活躍。2014年はリーグ最多のクロスと10アシストを決め、初のJリーグベストイレブン選出とノリにノッている状態です。ポジションも早田君と同じSB(早田君は右)が主戦場と左右が異なるものの『カミソリシュート』への挑戦者としてはこれ以上の選手は居ないでしょう。パスの出し手は石川直宏選手、GKは圍謙太朗選手です。

ドリームシュート #1 カミソリシュート

ドリームシュート #2 反動蹴速迅砲(はんどうしゅうそくじんほう)

反動蹴速迅砲

中国ユース代表、肖 俊光の必殺シュート。全日本戦では日向の『雷獣シュート』を蹴り返し若林からペナルティエリア外からゴール。若林が試合でペナルティエリア外からゴールを奪われたのはこれが初めてです。

威力は高く龍へと昇華するものの、足の負傷も付き物の諸刃の剣的な必殺シュートです。挑戦するのは川崎フロンターレの中村憲剛選手と大久保嘉人選手。大久保選手は2013-2014とJリーグ開幕以来初の2年連続単独得点王に輝くなど円熟期に入りさらに輝きが増しています。

ドリームシュート #1 反動蹴速迅砲

ドリームシュート #3 ツインシュート

ツインシュート

キャプテン翼のなかでも代表的な必殺シュート。南葛SCが誇るゴールデンコンビ、翼と岬の『ツインシュート』が有名ですが、翼と葵や立花兄弟など様々な組み合わせやキャラクターが使用しています。もともとは小学生時代の『南葛SC×明和FC戦』で翼と岬が同時にシュートに向うことで生まれた奇跡のシュート。

挑戦するのはセレッソ大阪の期待の若手、山口蛍選手と扇原貴宏選手。山口選手は2014 FIFAワールドカップでも初戦と2戦目でスタメン出場など代表での活躍も期待されています。

ドリームシュート #1 ツインシュート